くにたち市民芸術小ホールでは、ホール、スタジオ、音楽練習室、アトリエ、ギャラリーをご利用いただくことができます。
エントランスホール(展示スペース)、屋外展示場、全館利用などについては個別にご相談ください。

施設を利用するには

利用できる方

どなたでも利用できます。
申込受付期間、利用料金などで在住、在勤、在学等による市内・市外の区分は設けておりません。

利用者登録

登録は任意です。
※ホール、スタジオの一斉受付申込(抽選会)は、利用登録が済んでいない方も参加できます。

「予約システム利用者登録申込書」に必要事項を記載の上、芸術小ホール窓口へご提出ください(持参、ファックス送信、メール添付いずれも可)。申込書は芸術小ホール窓口で入手するか、下記からダウンロードしてください。
★予約システム利用者登録申込書 ダウンロード(PDF)

利用者カードの受け取り

予約システム利用者登録申込書の提出から3日後に芸術小ホール窓口で利用者カードを発行します。本人確認ができる証明証(運転免許証、健康保険証、銀行カード、公共料金振込書類 等)をお持ちください。
★利用者カードにはID番号が記載されています。施設予約システムで予約を行う際必要です。
★また、同システムご利用にはパスワード設定が必要です。

利用の流れと申込受付期限


◆ 1階エントランスにて一斉受付申込(抽選会)〔28日が土日祝日、休館日の場合は直前の平日〕
▼ スポーツ・文化施設予約システムによるインターネット抽選申込期間 6か月前の1日午前9時~ 7日午後10時まで
◎ スポーツ・文化施設予約システムによる抽選と抽選結果発表 6か月前の8日午前7時
◇ スポーツ・文化施設予約システムによるインターネット先着申込受付開始(利用登録完了者のみ可)
※ 代替予約:利用登録をしていない利用希望者の先着利用申込は、窓口か電話により、職員が予約を代替します。
※ 予約は窓口で施設利用料を完納して、予約確定となります。指定の期限までに支払いが完了しないと、キャンセルされますので、ご注意ください。

ホール  :◆(一斉受付申込)利用日の7か月前の月の28日(※1)
◇(先着受付申込)利用日の6か月前の1日から利用日を除く14日前まで
※上記期間以後は、窓口での受付となります(利用日の7日前まで)

スタジオ :◆(一斉受付申込)利用日の7か月前の月の28日(※1)
◇(先着受付申込)利用日の6か月前の1日から利用日を除く9日前まで
※上記期間以後は、窓口での受付となります(利用日の2日前まで)

音楽練習室:▼(抽選受付)利用日の6か月前の1日から7日まで ➝◎(抽選発表)8日
◇(先着受付申込)利用日の6か月前の9日から利用日を除く9日前まで
※上記期間以後は、窓口での受付となります(利用日の2日前まで)

アトリエ :▼(抽選受付)利用日の6か月前の1日から7日まで ➝◎(抽選発表)8日
◇(先着受付申込)利用日の6か月前の9日から利用日を除く9日前まで
※上記期間以後は、窓口での受付となります(利用日の2日前まで)

ギャラリー:▼(抽選受付)利用日の6か月前の1日から7日まで ➝◎(抽選発表)8日
◇(先着受付申込)利用日の6か月前の9日から利用日を除く14日前まで
※上記期間以後は、窓口での受付となります(利用日の7日前まで)

(※1)28日が土・日・祝・休館日の場合は、直前の平日

TOPへ戻る

利用申込の方法

申込には「一斉受付申込」「抽選受付申込」「先着受付申込」の3種類があります。
施設ごとに、申込方法がことなります。

施設名
一斉受付申込 抽選受付申込 先着受付申込
ホール・スタジオ
×
音楽練習室・アトリエ・ギャラリー
×

【一斉受付申込】 ★一斉受付日一覧(PDF)

ホール、スタジオを利用希望する方が対象です。
★ホール利用と同日にスタジオ、音楽練習室等を利用したい方は同時に予約できます。
★スタジオ利用と同日に音楽練習室を利用したい方は同時に予約できます。

利用希望する月の7か月前の28日(土・日・祝・休館日の場合は、直前の平日)に芸術小ホールで一斉受付(抽選会)を行います。午前9時から受付開始、午前9時30分から抽選を行います。

★一斉受付当選後の正式申込手続きについてはこちら

※各団体1名のみで、複数人でのお申込はできません。
※日時の変更目的では一斉受付に参加できません。
※音楽練習室またはスタジオを、和太鼓など振動する楽器でご利用の場合は、音楽練習室・スタジオの構造上相互に振動が伝わることがありますので、必ず両方の施設を借りていただくようお願いします。他の利用者に影響を及ぼす場合はお断りする場合もあります。
※施設利用料のお支払いは現金のみとなります。

【抽選受付申込】★抽選受付日一覧(PDF)

音楽練習室、アトリエ、ギャラリーを利用希望する方が対象です。

利用希望する月の6か月前の1日0時以降に、『施設予約システム』で空室状況を確認してください。
1日9時~7日22時の間に、抽選予約の申し込みができます。
申し込みは15コマ(区分)(注1)まで可能です。セット予約(注2)もできます。
8日早朝に自動抽選され、8日7時に結果公表します。
当選された方は、8日~15日の間に申込者本人が芸術小ホール窓口で正式申込手続きを行ってください。受付時間は9時~20時です。なお毎月第二・第四木曜日は休館日となりますのでご注意ください。
※申請手続きが15日を過ぎると仮予約申込は自動的に取り消されます。

★抽選受付当選後の正式申込手続きについてはこちら
(注1)午前(9時~12時)、午後(13時~16時30分)、夜間(17時30分~22時)の区分をそれぞれ1コマとします。ギャラリーは9時~22時を1コマとします。
(注2)例えば「午後と夜間」、「2日間連続」、「スタジオと音楽練習室」のように利用したい場合、コマをまとめてセットにして予約できます。

セット予約の例

① ホールを全日仮予約する場合→3コマ
② 音楽練習室の夜間を4日連続で仮予約する場合→4コマ
③ ギャラリーを全日で5日間連続して仮予約する場合→5コマ
④ ホール、スタジオ、音楽練習室を全日仮予約する場合→9コマ

【先着受付申込】

≪ホール、スタジオ≫
利用希望する月の6か月前の1日0時から『施設予約システム』で空室状況を公表します。
1日9時以降、仮予約申込が可能となります。
仮予約を行った翌日から7日間以内に芸術小ホール窓口で正式申込手続きを行ってください。受付時間は9時~20時です。なお毎月第二・第四木曜日は休館日となりますのでご注意ください。
※申込手続きが7日間を過ぎると仮予約申込は自動的に取り消されます。
※音楽練習室またはスタジオを、和太鼓など振動する楽器でご利用の場合は、音楽練習室・スタジオの構造上相互に振動が伝わることがありますので、必ず両方の施設を借りていただくようお願いします。他の利用者に影響を及ぼす場合はお断りする場合もあります。
★予約完了後の正式申込手続きについてはこちら

≪音楽練習室、アトリエ、ギャラリー≫
利用希望する月の6か月前の9日0時から『施設予約システム』で空き室状況を公表します。
9日9時から仮予約申し込みができます。
仮予約を行った翌日から7日間以内に申込者本人が芸術小ホールで申込手続きを行ってください。受付時間は9時~20時です。なお毎月第二・第四木曜日は休館日となりますのでご注意ください。
※申込手続きが7日間を過ぎると仮予約申込は自動的に取り消されます。
※音楽練習室またはスタジオを、和太鼓など振動する楽器でご利用の場合は、音楽練習室・スタジオの構造上相互に振動が伝わることがありますので、必ず両方の施設を借りていただくようお願いします。他の利用者に影響を及ぼす場合はお断りする場合もあります。
★予約完了後の正式申込手続きについてはこちら

一斉受付当選後の正式申込手続きについて

●「利用申請書」および施設利用料が必要です。お支払いは現金でお願いします。クレジットカードは使えません。
「利用申請書」は芸術小ホールに書式があります。手続きの際ご記入いただきます。
●「施設利用承認書」をお受け取りください。「施設利用承認書」は、利用日当日にお持ちください。
●ピアノ等の付属設備をご利用の場合
ホール:事前に舞台打ち合わせを行いますが、その際に大まかな付属設備が決まります。その上で、当日確定します。
利用日当日、「付属設備利用申請書」の署名欄への記名と、付属設備利用料のお支払いをお願いします。

その他の施設:利用日当日の利用前に、窓口にお申し出ください。「付属設備利用申請書」の署名欄への記名と付属設備利用料のお支払いをお願いします。

抽選・先着受付後の正式申込手続きについて

●「利用者カード」、施設利用料を申込者ご本人が芸術小ホール窓口へお持ちください。
●手続き後「施設利用承認書兼領収書」をお受け取りいただき、利用日当日にお持ちください。
●ピアノ、電源等の付属設備をご利用の場合、利用日当日の利用前に、窓口にお申し出ください。「付属設備利用申請書」の署名欄への記名と付属設備利用料のお支払いをお願いします。

よくある質問

Q.今すぐに芸術小ホール窓口に行って空き室を予約できますか。
A.受付窓口へお越しください。その後、窓口で利用申込と施設利用料のお支払いをしてください。予約をしていただけます。
施設の空き状況も窓口でお調べいたします。
確定しない場合は、仮予約も可能ですが、その場合は7日以内に窓口で施設利用料をお支払いください。

TOPへ戻る

利用料金

施設利用料(単位:円)

※平成27年10月1日現在
施設名 利用日 午 前 午 後 夜 間 全 日
9:00~12:00 13:00~16:30 17:30~22:00 9:00~22:00
ホール 平日 11,200
(仕込5,600)
19,600
(仕込9,800)
25,200
(仕込12,600)
50,700
(仕込25,350)
土日祝 13,300
(仕込6,650)
23,400
(仕込11,700)
30,100
(仕込15,050)
60,300
(仕込30,150)
スタジオ 平日 2,300 4,000 5,200 10,400
土日祝 2,800 4,800 6,200 12,500
音楽練習室 平日 2,000 3,600 4,600 9,300
土日祝 2,400 4,200 5,500 11,000
アトリエ 平日 1,400 2,500 3,200 6,500
土日祝 1,700 3,000 3,800 7,700
ギャラリー 12,000

※振替休日の利用料は祝日料金です。

加算利用料および減額について

入場料等を徴収する催しで利用する場合の加算利用料

チケット・入場料
加算利用料
500円以下
公演開催の区分利用料金 ×
1.4
501円~1,000円以下
1.6
1,001円~2,000円以下
1.8
2,001円~3,000円以下
2.0
3,001円以上
2.3
各室 営利加算
撮影や営業に利用する区分
×
1.5
1時間未満の延長
直前の区分利用料金(全日は夜間)
×
1.3

●有料の催物の場合は、入場料金の最高額を基に、公演の開催回数ごとに加算利用料をいただきます。
●テレビ、ラジオの番組、映画、CM の録画・撮影や、営業を目的とする展示会、説明会などの施設利用の場合は、利用時間に係る施設利用料に50% の額を加算してお支払いいただきます。
● 1 時間未満の延長には、事前の許可が必要です。

フィルムコミッションサービスの活用について

仕込み等による減額について

    • ホールの仕込み(舞台準備)
      <利用料>の50%減額(リハーサル・音出しはできません)
    • ホールでの楽器及び合唱等の練習利用の割引料金
      ホールの申込みが利用日から14日以内の場合、通常の利用料金の50%の料金(100円未満切捨て)で利用できます。
      施設空き状況については、「予約システム」で確認お願いします。ただし、利用希望日の2週間以内になるとすべて「―」印がつきますので、「練習利用」をご希望の際は芸術小ホールに直接お問合せください。

      1. ピアノ等の楽器練習や合唱練習にご利用ください。
      2. 照明・音響等の器具は利用できません。
        ※調光装置(基本料・作業灯)は一区分3,000円となります。
      3. ピアノ以外の付属設備は利用できません。
      4. 客席は利用できません。
      5. 舞台の設営状況により、練習利用をお断りすることもあります。
    • ギャラリーを6日以上継続して利用する場合、搬入、飾りつけのための前日1日は無料となります。

付属設備利用料

※クリックすると、PDFでご覧になれます。

付属設備利用料(H29.6.1)のサムネイル

TOPへ戻る

利用の取消・変更について

利用の取消

やむを得ずご利用を取り消す場合は、窓口で行う所定の手続きにより、利用料の半額を払い戻します。ただし、手続き期限を過ぎると利用料の払い戻しはできません。

ホール・ギャラリー 利用日の90日前まで
スタジオ、音楽練習室、アトリエ 利用日の30日前まで

施設取消手続きの際には、必ず「利用承認書」をご持参ください。なお、還付を伴う場合には、一緒に「印鑑」もご持参ください。

  • 手続きは申請者(主催者)、或いは連絡担当者が行ってください。

利用日時の変更

利用の日時をやむを得ず変更したい場合、利用施設に空きがあるときは、利用日時の変更をすることができます。ただし、施設を変えての変更はできません。
当初の利用日の14日前までに、窓口にて所定の変更手続きを行ってください。差額が生じる場合は利用料の差額を清算します。

・手続きは申請者(主催者)、或いは連絡担当者が行ってください。
・月日、利用時間区分の変更で生じた利用料との差額を清算いたします。
※過料の場合 差額分還付
例)
・スタジオの土曜日午前(2800円)を、平日午前(2300円)へ変更→500円還付
・アトリエの平日午前・午後(3900円)を、平日午前(1400円)へ変更→2500円還付
※不足の場合 差額分をいただきます。
※過料の場合の例の逆になります。

・日時変更のための一斉受付への参加はできません。
(一斉受付終了後にお申し出ください。)

施設変更手続き(特に月日、時間帯を変更する場合)の際には、必ず「利用承認書」をご持参ください。なお、還付を伴う場合には、一緒に「印鑑」もご持参ください。

TOPへ戻る

施設利用上の注意点・禁止事項

次のことをお守りください。

  • 法令を遵守し、利用承諾を受けた目的以外に施設を利用することはできません。
  • ホール、スタジオを利用して催しを行う場合、観客席の定員を厳守してください。
  • ホールを利用する方は、利用日の14 日前までに、禁止行為解除の有無や舞台設備の利用程度を確認する事前の打ち合わせを、ホールの管理担当と行って下さい。
  • 舞台で火気、スモークマシーン等を利用する場合は、事前に立川消防署に禁止行為解除申請をしていただく場合があります。
  • 音楽練習室またはスタジオを、和太鼓など振動する楽器でご利用の場合は、音楽練習室・スタジオの構造上相互に振動が伝わることがありますので、必ず両方の施設を借りていただくようお願いします。他の利用者に影響を及ぼす場合はお断りする場合もあります。
  • 催しの主催をするために施設を利用される場合、主催者は催し物についての問合せ対応責任者を決めて、受付窓口と連絡が取れるようにしてください。また、防災協力者を決めて、非常口の位置、経路の確認をして下さい。
  • 催しに際して、物品の販売を行う場合は、施設長の許可が必要です。事前に申請してください。
  • 館内での掲示物の設置には、掲示板とマグネットを利用するなどのルールを遵守してください。
  • 長机、ホワイトボードなど無料の備品を含め付属設備をご利用の場合は、運び入れや後片付けは利用者にお願いいたします。
  • ごみはすべてお持ち帰りください。
  • 所定の場所以外での飲食はできません。
  • 全館禁煙です。

スタジオ利用の際の禁止事項

  • 施設内での飲食(控室または廊下のベンチ設置個所では飲食可能です。)
  • 絵画や書道、手工芸などの作成作業
  • 定員70名をこえて観客を収容すること
  • ピアノの移動(移動を希望される場合は事前に窓口または係員にお知らせください。)
  • タップダンスやフラメンコダンスなど、床に負担のかかる利用(事前に係員にお知らせいただき、床の補強をして下さい。)

音楽練習室利用の際の禁止事項

  • 施設内での飲食(控室または廊下のベンチ設置個所では飲食可能です。)
  • 絵画や書道、手工芸などの作成作業
  • 定員50名をこえて観客を収容すること
  • ピアノの移動(移動を希望される場合は事前に窓口または係員にお知らせください。)
  • タップダンスやフラメンコダンスなど、床に負担のかかる利用(事前に係員にお知らせいただき、床の補強をして下さい。)

アトリエ利用の際の禁止事項

  • オーディオなどの機器持ち込み、演奏など、音を出す行為は原則禁止です。止むを得ず音を出す可能性がある場合は事前にご相談ください。

地下通路での禁止事項

  • ピロティ―側のドア(非常時の避難口です)の出入り、またはドア付近に荷物を置くこと

ギャラリーの施設利用注意事項

  • 販売など、営業を目的とした展示や催し物はできません。
  • 飲食は談話室内に限ります。また喫煙・飲酒は、ギャラリー、談話室とも禁止です。
  • 会期中、主催者(当番者)は毎日の来館/退館の際、事務室にお寄りください。
    退館時に、その日の来場者数をお知らせください。
  • 展示物への個別照明などで、電源を使用される場合は、施設利用料とは別途に電源使用料をお支払いいただきます。(当日の精算です。)
  • オーディオなどの機器持ち込み、演奏など、音を出す行為は原則禁止です。やむを得ず音を出す可能性がある場合は事前にご相談ください。
  • 会場利用時間中、展示品は会場利用者が責任をもって管理してください。
  • 芸小ホール側に管理上の瑕疵が認められる場合を除いて、会場利用時間外における展示品の破損・盗難その他の事故についての責任を当財団では負いかねますので、あらかじめご了承ください。