古典派、ロマン派、20世紀、そして現代の音楽をチューバ演奏で巡る、坂本光太のソロリサイタル。
坂本光太さん本人による演奏予定の曲についての解説動画公開中!

https://youtu.be/RnWtPCzhkpA?t=7

日程 2月26日(土)
時間 14:00(開場13:30)
17:00(開場16:30)
会場 ホール
料金 1,000円(くにたちポイント対象)
※未就学児入場不可
※全席指定
坂本光太 坂本光太

1990年山梨県生まれ。チューバ奏者・パフォーマー・即興演奏家。
現代音楽、実験音楽、即興の領域を中心に活動。作曲家をはじめとして、サウンド・アーティスト、ダンサー、詩人、古楽奏者、非職業的音楽家などの様々な分野の芸術家と共同プロジェクトを手がけ、今日における表現活動を追求している。

近年のリサイタルに『暴力/ノイズ/グロボカール』(2020)、『無伴奏チューバの半世紀』(2019)。共著に『音楽で生きる方法 』(青弓社)。

今までにMaerz Musik(2016-7年, ベルリン)、Lucerne Festival Academy(2016年, ルツェルン, ハンブルク)、 IMPULS国際現代音楽講習会(2017年, グラーツ)、秋吉台の夏(2017年, 秋吉台)などの現代音楽祭で演奏。
東京藝術大学を卒業後、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。ベルリン音楽大学ハンスアイスラー(Hochschule für Musik "Hanns Eisler" )大学院修士課程を最高位の成績で修了。国立音楽大学大学院博士後期課程を修了し博士(音楽)を取得。これまでにテューバを稲川榮一、池田幸広、Sebastian Wagemannにの各氏に師事。
実験音楽とシアターのためのアンサンブル、ルツェルン祝祭アカデミーオーケストラ(2016年)メンバー。

)

杉山萌嘉 杉山萌嘉

ピアノ
茨城県古河市出身。5歳よりピアノを始める。12歳より東京音楽大学付属音楽教室へ入室。
東京音楽大学付属高等学校ピアノ演奏家コースを経て、渡独しドイツ・フライブルク音楽大学を卒業。ドイツ・カールスルーエ音楽大学にて修士課程を取得。アドヴァンス課程修了。
卒後、フリーランスピアニストとしてビザを取得し、各地で室内楽、ソロで演奏活動を行う傍ら地元の音楽院、自身の主宰する個人ピアノ教室で後進の育成にあたる。カールスルーエ音楽大学管楽器科伴奏助手(チューバクラス・コレペティトーア)として勤務。

今までに・小形恵子、海老原直美、野島稔、Michael Leuschner, Kalle Randaluに師事する。
室内楽をMarkus Stange, Ralf Gothoni, Eduard Brunnerに師事する。
Sigismund Tahlberg Internatonal Piano Competiton2010(イタリア)、Hermann Büttner-Klavierwettbewerb 2014(ドイツ)にて入賞。

現在は京都にて演奏活動、後進の育成にあたっている。

主催・共催 公益財団法人 くにたち文化・スポーツ振興財団
協力:国立音楽大学
チケット発売 11月30日(火)
チケット取扱 芸術小ホール
白十字国立南口店
旧国立駅舎まち案内所
Confetti
①14:00/②17:00 座席配置は同じです
問合せ先 くにたち市民芸術小ホール
042-574-1515