くにたちアートビエンナーレ事務局では「くにたちトークグラウンド Cross Chat」を2018年9月7日・8日・12日の3回開催しました。平行して「野外彫刻展についてのアンケート」を8月1日から9月30日までの2ヶ月間に実施しました。アンケートから見えてきた結果は、もともと関心のある層以外には野外彫刻展が知られていないこと。その中で、知っている市民は事業として何らかの改善を期待していることなどがあります。これはクロスチャットーくにたちのアートについて話そう」でも議論されたことと重なります。野外彫刻展の在り方を見直し、市民にとってのアート事業となれるよう方向性を検討してまいります。

活発な意見交換会となったその内容を[クロスチャット開催報告]として掲載いたします。
集計結果とお寄せいただいた意見の全てを[アンケート集計結果報告]として掲載いたします。
それぞれの実施方法は以下のとおりです。報告書はダウンロードして全てをご覧いただけます。

クロスチャット

芸術小ホールアトリエにて開催
9月7日(金)  10:00~12:00
9月8日(土)  10:00~12:00
9月12日(火) 19:00~21:00
参加者のべ:22名

ウェブアンケート

パソコンやスマートフォンから入力と回答が24時間できる方法です。公式サイトのお知らせとSNSでのお知らせに加え、掲示物や配布物のQRコードからアクセスできるようにご用意しました。
集計総数:109

紙アンケート

市内7ヶ所:市役所・公民館・中央図書館・福祉会館・保健センター・北市民プラザ・南市民プラザと芸術小ホールにて、期間中に配布と回収をしました。加えて、主催事業である美術講座参加者にも任意で回答をお願いしました。

集計総数:132

クロスチャット開催報告

Final版 H30Kunitachi Talk Ground クロスチャット開催報告 revised 10.31&11.19のサムネイル

野外彫刻展についてのアンケート 集計結果報告

アンケート結果報告のサムネイル