クリスマスにお贈りするのはイタリアオペラの珠玉の名曲…。国立市が交流を進めているイタリアのルッカが生んだ作曲家プッチーニの作品も取り上げます。人の声の深さが感動を呼び起こす圧巻の独唱、二重唱、四重唱とバリエーションも豊富に、国立音楽大学卒で活躍中の若手声楽家がお届けします。後半では、目と耳で味わうオペラの愉しみ方の片鱗をお伝えする趣向を試みます。

日   程 12月25日(火)
時   間 19:00(開場 18:30)
会   場 ホール
定   員
料   金 1,000円(11P付与/800Pで購入可)
※未就学児の入場はご遠慮ください。
出 演 者 内田千陽(ソプラノ)
相樂和子(ソプラノ)
秋山和哉(テノール)
西 励央(バリトン)
寺本佐和子(ピアノ)
曲   目 G.ヴェルディ/歌劇「マクベス」第4幕より
  哀れみも誉れも愛も
G.プッチーニ/歌劇「西部の娘」第2幕より
  どうか一言だけ!
G.ヴェルディ/歌劇「椿姫」第2幕より
  ヴァレリー嬢ですか?─天使のように清純な娘を(二重唱)
G.プッチーニ/歌劇「ラ・ボエーム」第3幕より
  本当に終わってしまったんだね?(四重唱)
ほか
備   考
主催・共催 公益財団法人 くにたち文化・スポーツ振興財団
後援:国立市・国立市教育委員会・日伊櫻の会・イタリア文化会館
協力:国立音楽大学
助成:平成30年度 文化庁「文化芸術創造拠点形成事業」
チケット発売 10月16日(火)
チケット取扱 芸術小ホール
白十字国立南口店
㈱しまだ文具店
カンフェティ
問合せ先 くにたち市民芸術小ホール
042-574-1515

Puccini e Verdi web flyerのサムネイル