令和2年度人権イベント「一冊対談集:クリエーターと語るこの国の古典と現代」森永邦彦×ロバート キャンベルの動画を公開しています

令和3(2021)年1月29日(金曜日)にくにたち市民芸術小ホールで開催した対談企画の動画です。動画配信サイトYouTubeの国文学研究資料館のチャンネルからもご覧いただけます。(4つの再生リストに分かれています。)

一冊対談集第6回(森永邦彦×ロバート キャンベル) #01

一冊対談集第6回(森永邦彦×ロバート キャンベル) #02

一冊対談集第6回(森永邦彦×ロバート キャンベル) #03

一冊対談集第6回(森永邦彦×ロバート キャンベル) #04

ぷらっとこくぶんけん‐多摩学術文化プラットフォーム
「一冊対談集:クリエーターと語るこの国の古典と現代」第6回

「一冊対談集」は、国文学研究資料館館長のロバート キャンベル氏が様々な業界から一人のゲストをお呼びし、一冊の古典籍を共有し、読まれた感想を契機として人生を繙(ひもと)いてゆく対談企画です。
これまで、多摩地域で5回開催され、今回、国立市での開催が実現し、キャンベル氏の対談相手として、市出身のファッションデザイナーの森永邦彦氏に登壇いただきます。
日本文学研究者として国内外に日本文化を発信しているキャンベル氏と、伝統的技術と最新技術を組み合わせて斬新なデザインを追求し続けている森永氏が、ボーダレスでユニバーサルな日本文化について語り合います。
性別・年齢・しょうがい・国籍等の垣根を越えて展開される二人の対談を、ぜひ、お聴きください。

■「ぷらっとこくぶんけん-多摩学術文化プラットフォーム」は、国文学研究資料館を中心に多摩地域における学術・文化の発展に関する事業です。
■会場では、森永氏デザインの衣服も展示予定です。
■新型コロナウイルスの感染拡大状況により、オンラインでの開催のみになる場合があります。

日時

令和3(2021)年1月29日(金曜日) 18時00分から19時30分(開場:17時30分)

定員

会場:100名、オンライン:1000名
*いずれも事前申込制、参加無料

講師

ロバート キャンベル氏(日本文学研究者、国文学研究資料館館長)

森永 邦彦氏(デザイナー、株式会社アンリアレイジ代表取締役)