公共ホール音楽活性化事業(おんかつ)とは
おんかつとは、クラシック音楽の演奏家を地域に派遣し、公共ホールでのコンサートとアクティビティ(参加体験型の地域交流プログラム)を共につくる事業です。アクティビティは普段、クラシックの演奏会に足を運ばない人に興味を持ってもらうため、様々な工夫を凝らした訪問コンサート企画です。コンサートは、アクティビティで触れあった地域の方々へ、アーティストとホールの担当者によるオリジナリティ溢れるプログラムを実施します。

クラシック初心者にも、愛好家にも、だれにでも音楽との幸せな出会いを

同事業の導入プログラム実施より約10年、支援事業として再始動1年目はサクソフォン四重奏のアーバンサクソフォンカルテットと共に国立第五小学校、第七小学校へ行き、さらに開館まもない旧国立駅舎でのショーケースライブも成功させました。関係者すべての安心、安全のために万全の感染症対策を講じつつホール公演も無事に開催。さらなる事業連携によって、音楽との幸せな出会いをより多くの市民に届けられるよう、継続予定です。

開催報告書のサムネイル

クリックするとPDFでご覧いただけます